オンラインカジノは違法?

はじめに

オンラインギャンブルは多くの国々でグレーゾーンとされており、日本の賭博法においても同じような状況です。一概にいえば、オンライン上および物理的に行うギャンブル行為は刑法第185条で広く禁じられています。

とはいうものの、日本の法律でギャンブルが認められているケースもあり、日本人がオンラインでギャンブルをする方法はあります。例えば、日本には「アミューズメントカジノ」と呼ばれる施設があり、そこでのみ使えるチップを購入し、普通のカジノゲームをプレイすることが認められています。ただし、チップはリアルマネーに換えることはできないため、現金をゲットすることはこともはできません。

現行の法律下でできることとできないことがきちんと把握できるよう、日本のギャンブルの実情について知っておくべきことをこれからご説明します。

日本でのギャンブルの歴史

前述したように、刑法第185条は賭博を禁じる旨を明示しています。(文言は後ほど引用)。しかし、日本にはパチンコ、トト、宝くじといった伝統的なゲームを中心としたギャンブルの歴史があります。約100年前から日本全国で遊ばれているパチンコは、日本のGDPに多大な貢献をしてきました。

第185条 “賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。但し、一時の娯楽に供する物を賭けた者については、この限りでない。”

パチンコをはじめ、先に述べたような遊興が日本で認められているのは、それらが「娯楽」に分類され、別の法律が適用されるためです。ただし、金銭を賭けることは厳密には違法であり認められていないことは留意しておいてください。その代わり、他人と対戦する遊びをしていることになります。

JRA(日本中央競馬会)は、国営のスポーツベッティング・サイトを運営しており、競馬、競艇、競輪、オートバイなど、様々な「プロスポーツ」に賭けることができます。パリミュチュエル方式の賭けに限定していることから、刑法185条は適用されません。これらのサービスを利用するには、加入して会員になる必要があります。

プロスポーツ以外では、サッカープールがあり、日本国民はJリーグに賭けることが認められています。

オンラインカジノは合法?違法?

日本でのオンラインカジノの利用に関しては、さらにややこしく法律が関係してきます。概していうと、日本国内で運営されているオンラインカジノの利用は禁止されています。しかし、海外にサーバーを持つオフショア企業が提供するサービスを利用してはいけないという法律はないのです。

このようなグレーゾーンがあるため、日本のプレイヤーも海外のサービスを利用することが可能です。そのため、日本に居住する顧客を受け入れているオンラインカジノが数多く存在します。これはスポーツベッティングのサイトでも同様です。

とはいえ、日本でオンラインカジノを運営することは違法であり、それらを利用することも違法です。この点は留意しておきましょう。海外にサーバーを持つオンラインプラットフォームのみを利用する必要があります。

現在、合法的にライセンスを受けて宝くじのサービスを提i供しているオンラインプラットフォームがありますが、それはTOTO1社のみです。

オフショアオンラインカジノのサービスを使用することを禁じる法律はありませんが、日本政府はそのようなサービスの利用を積極的に阻止する姿勢をとってはいます。しかし、介入してくることはほぼ皆無の状態です。

オンラインでギャンブルすると逮捕される?

前述のとおり、日本に居住する日本人が、日本に拠点を置く私営企業のサービスを利用してオンラインでギャンブルをすることは違法です。ですから、厳密には、その規則を遵守しなかった場合は逮捕される可能性はあります。しかし、日本国民が海外サーバーを利用した海外/オフショアオンラインギャンブルサービスを利用することを広く禁じる法律はないこともご説明した通りです。

海外サイトを利用してギャンブルをする日本の居住者は、その行為を広く禁止する法律が存在しないにもかかわらず、警察は刑法に抵触しているという見方をとっています。2016年には、「スマートライブカジノ」というオフショア企業が提供するオンラインギャンブルサービスを利用した日本人ギャンブラーグループが逮捕された事例があります。

オンラインカジノが日本語の説明を表示し、日本語で話すディーラーがいて、日本語でのチャットを提供していたことが逮捕につながった要因であるとされています。そういう要素が重なり、そのオフショアプラットフォームが日本人顧客をターゲットにしていると信じさせる根拠になったようです。なお、この事件は略式手続で処理されたため、正式な裁判で同じ判決となったかは不明です。

上記のケース以外にも、2017年に日本で賭博を行った男性が逮捕されています。このときも、当事者は海外に拠点を置くプラットフォームを利用しており、拘束された後、無罪となっています。

信頼できる合法的なオンラインカジノの見つけ方

オンラインカジノやスポーツベッティングサイトは無数にありますが、大切なお金や個人情報を安心して託せない信頼に値しないサイトがたくさんあるのも事実です。自分で自分を守り、法に抵触しないで遊ぶためにためにチェックしておきたいポイントがあります。

最も重要なポイントは、オンラインギャンブルサイトがライセンスを取得しているか、保有している場合はどのようなライセンスなのかということ。サイトが適切なギャンブルライセンスを保持していることを確認するには、以下の3つの簡単なステップを踏みましょう。

オンラインサイトがライセンスを保有しているかどうかをチェックするには、まずサイトを開き、一番下までスクロールするのが一番手っ取り早い方法です。フルライセンスを取得しているサイトの下部には通常、ギャンブル委員会のロゴが表示されています。ロゴがない場合は、代わりにギャンブルサイトのライセンスを認可したギャンブル委員会とライセンス番号が小さく記載されているはずです。

ロゴが見つかったら、次にその承認スタンプを確認しましょう。大抵、ロゴをクリックすると、そのギャンブル委員会のウェブサイトに移動するようになっています。ギャンブル委員会のウェブサイトでは、ライセンスが本物かどうか、いつ発行されたかを確認することが可能です。これらのステップを踏めば、そのギャンブルサイトがギャンブル委員会の本物のライセンスを保持しているかどうかが分かるはず。ライセンスを保持していないサイトでのアカウント登録は避けましょう。

以下に、信頼度の高いギャンブル委員会とiGaming委員会を挙げてみました。

  • ジブラルタル:ジブラルタル リモートギャンブリング / ジブラルタル政府(HM Government of Gibraltar)
  • マルタ共和国:MGA / マルタ・ゲーミング委員会
  • マン島:ギャンブル監督委員会(Gambling Supervision Commission) / マン島
  • キュラソー :キュラソーライセンス
  • フィリピン: ファーシー・カガヤン / PAGCOR
  • カナワク: カナワク・ゲーミング委員会(Kahnawake Gaming Commission)

オンラインカジノの信頼性は、ギャンブル委員会やiGaming委員会が認可したライセンスを保有しているか以外にも、適切な第三者機関と提携しているか否かで確認できます。eCOGRAは、オンライン・ギャンブル・ソフトウェアの認証を検査する独立機関です。eCOGRAが承認しているオンラインカジノは、ページの下にそのライセンスとロゴが表示されます。

ギャンブル依存症は世界的な問題であり、様々な方法で無料のヘルプを提供するサービスを探すことも可能です。GAMSTOPとGambleAwareの両サービスは、ギャンブル依存症について利用できる認知度の非常に高いサービスです。オンラインカジノのサイトにこのようなサービスのリンクやロゴが表示されていれば、利用者の心理面に気を配っている姿勢がうかがえるプラスのポイントです。

また、Evolution社はライセンスを保有するオンラインカジノのみにソフトを提供しているので、Evolutionのゲームがプレイできるカジノはライセンスを取得していることがわかります。適切なライセンスを取得している安全なオンラインカジノを探す手間が省けるよう、カジライフでは安全性を確認したうえでお薦めできるサイトをご紹介しています。

日本におけるギャンブルの今後

多くの日本国民がギャンブル規制の緩和に賛成なのは明らかで、将来的には日本でのギャンブルの完全合法化が実現する可能性が高いとみている人も少なくないでしょう。

2016年12月、ランドベースのカジノを設置できる統合型リゾートの建設を認める法案が可決され、ギャンブル産業は大きな一歩を踏み出しました。「統合型リゾート」内で運営者がカジノサービスを提供し、利用者はリゾート内で刑事責任を問われることなくギャンブルで遊べるようになったのです。法案は2016年に可決されたのですが、日本政府とリゾート運営会社の間で審議は継続中のままで、リゾートの完成には至ってはいない状況です。

一流ゲームプロバイダーとして有名なEvolution Gaming社は、製品やサービスをカスタマイズして、日本市場への進出を検討しています。現在、ライブカジノゲームの強化のため、日本語が話せるゲームプレゼンターを増やしているところです。業界をリードするソフトウェアプロバイダーがこのような動きをみせているのは吉報ですね。

また、莫大な収益を上げている既存のパチンコ屋と同程度の収益がパチンコゲームで期待されています。パチンコ業界は平均毎年約2,000億円を税金を納めていますが、パチンコは賭博法には該当せず、「娯楽」とされていることは留意しておきましょう。

おわりに

これまでの説明で、物理的およびオンラインのギャンブルに適用される日本の法律と規制についてご理解いただけたことと思います。グレーゾーンが多いので、注意しておくことが大切ですが、きちんと認可されたオンラインカジノを選べば、安全にオンラインギャンブルをすることができます。安全なオンラインカジノさがしにお困りなら、カジライフではライセンスを取得している安全なオンラインカジノのみを推奨していますので、ぜひ参考にしてくださいね。