ベーシックストラテジー完全ガイド ! ブラックジャックで勝つ秘訣

・ベーシックストラテジーは一目見て判断できる勝率UPのチャート表!
・プロも使う数学的な根拠のある戦略が体系化された攻略法
・オンラインカジノではベーシックストラテジーの重要性が更に増す

ブラックジャックで使えるボーナスを提供しているオンラインカジノ

  • コニベットのボーナスや入金・出金方法、評判などを徹底レビュー!

    ライブカジノで貰えるリベートボーナス!

    賭け条件反映率:ライブカジノ(20%)、詳しくはボーナス詳細をご参照ください

    総合評価: 4.8/5

    満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

    • 賭け条件: 1倍
    • 出金スピード: 5/5
    • 運営サポート: 5/5
  • コニベットのボーナスや入金・出金方法、評判などを徹底レビュー!

    スロットで貰えるリベートボーナス!

    賭け条件反映率:ライブカジノ(20%)、詳しくはボーナス詳細をご覧ください。

    総合評価: 4.8/5

    満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

    • 賭け条件: 1倍
    • 出金スピード: 5/5
    • 運営サポート: 5/5
  • 賭けリンのボーナスや入金・出金方法、評判をレビュー!

    最大¥222,220のウェルカムボーナス

    賭け条件反映率:30%

    総合評価: 5/5

    満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

    • 最低入金額: ¥1000
    • 賭け条件: 25倍
    • 出金スピード: 5/5
    • 運営サポート: 5/5

目次

[ベーシックストラテジーの基礎知識]

ブラックジャックはただのカジノゲームではありません。
戦略とスキル、そして若干の運が組み合わさった知的なカジノゲームです。

そして、多くのプレイヤーがこのゲームで勝つために最も頼りにしているのが「ベーシックストラテジー」です。

ベーシックストラテジーは、

・ベーシック=基本
・ストラテジー=戦略

のその名の通り、
ブラックジャックの勝率を向上させるために、プロによって数学的に証明された優れた戦略です。

この戦略は、過去のゲームから収集されたデータに基づいており、どの手札が、
ディーラーの見えているカードつまりアップカードに対して最も有利かを教えてくれます。

しかも、ベーシックストラテジーの適用は、レシピに従って料理するようなものです。
マネするだけでその日からプロと同じような料理ができます。

本記事では、以下の3つのポイントに焦点を当てています。

  • ベーシックストラテジーの歴史や基本的な知識
  • ベーシックストラテジーの効果、優位性や利点
  • ベーシックストラテジーの適用方法

この記事を読むことで得られること:

  • ベーシックストラテジーの具体的な適用事例集
  • ブラックジャックの還元率を上げるためのベーシックストラテジーの活用方法
  • 効果的なベーシックストラテジーの練習方法

ベーシックストラテジーの誕生背景

ベーシックストラテジーは、ブラックジャックゲームにおけるプレイヤーの勝率を最大化するために科学的分析に基づいて開発されました。

1950年代、アメリカの数学者たちはコンピューターを使用してブラックジャックの膨大なゲームシミュレーションを行いました。その目的は、プレイヤーがどのような状況でカードをヒット、スタンド、ダブルダウン、スプリットすべきかを特定することにありました。

特に有名なのは、アメリカの数学者であり、後に「ブラックジャックの父」とも称されるロジャー・ボールドウィン、ウィルバート・カントリー、ハーバート・メイゼル、ジェームズ・マクダーモットの4人です。

彼らは1956年にThe Optimum Strategy in Blackjack (ブラックジャックにおける最適戦略)という論文をJournal of the American Statistical Association (アメリカ統計学会誌)で発表しました。

この論文では、ブラックジャックにおける最適戦略についての研究結果が発表され、
それが現在知られるベーシックストラテジーの基礎となりました。

余談ですが、Journal of the American Statistical Association (アメリカ統計学会誌)といえば、The American Statistical Association (アメリカ統計学会) によって出版されている学術雑誌の1つです。

1839年に設立されたThe American Statistical Association=ASAは、
世界で最も古い統計学に関する専門団体の一つであり、統計学の進歩と応用の促進を目的としています。

提供される学術雑誌は、専門家による厳格な査読プロセスを経て選ばれた論文を掲載しており、その内容の質と信頼性は非常に高いと評価されています。

ベーシックストラテジーのこれらの研究は、当時は革新的であり、コンピューターを利用した初の試みの1つでした。彼らの研究により、ブラックジャックのプレイヤーは、手札のカードとディーラーのアップカードに基づき、最も期待値が高い行動を選択できるようになったのです。

この研究以降、プレイヤーがゲームにおいて最適な選択をするための指針が確立され「ベーシックストラテジー」と名付けられました。

ベーシックストラテジーを学び適用することで、還元率を大幅に改善することが可能です。

ベーシックストラテジーの基本ルールと見方

ベーシックストラテジーの基本ルールはとてもシンプルです。

実は、

・プレイヤーの手札(ハンド)
・ディーラーの表向きのカード(アップカード)

たったこの2つだけで説明がつきます。

上記2つに基づいて、
最適な行動を教えてくれるのがまさにベーシックストラテジーです。

ブラックジャックの基本的なルールの理解がまだの方はこちらの記事も併せて参考にしてください。
ブラックジャックルール入門!簡単遊び方ガイド

ブラックジャックでは、プレイヤーの手札の合計値とディーラーの表向きのカードによって、
ヒット、スタンド、ダブルダウン、スプリットの判断が変わります。ベーシックストラテジーは、これらの状況における統計的に最も有利な選択を教えてくれる表であり攻略法です。

そして、それらの条件に合わせて一般的には3種類のベーシックストラテジーがあるとされています。厳密にいうと、ハードハンド戦略、ソフトハンド戦略、スプリット戦略(ペア分割)という3種類は、それぞれ独立したものではなく、ブラックジャックにおけるベーシックストラテジー全体を構成する要素です。

そして、ベーシックストラテジーは、サレンダーが考慮されていない通常のベーシックストラテジーとサレンダーを考慮に入れた特殊なベーシックストラテジーとがあります。

サレンダーとは、ヒットやスタンドと同様、
「手札を降参して賭け金の半分を回収する」というアクションのことを指します。

なぜサレンダーが考慮されていない方が「通常」かというと、

・ゲームの流れを単純化し、初心者にも分かりやすくするために敢えてサレンダーを採用していないカジノが多い
・特にオンラインカジノではサレンダーのオプション自体が提供されていないことが一般的

ということがいえます。

また、ベーシックストラテジーにおいて、インシュアランスに関しては一般的に推奨される選択肢ではありません。ベーシックストラテジーを実践するプレイヤーは、インシュアランスの選択は避けましょう。

・サレンダーが考慮されていない通常のベーシックストラテジー

・サレンダーを考慮に入れた特殊なベーシックストラテジー

ベーシックストラテジーの表の見方はとても簡単です。

まず、表全体に渡るH、S、D、P、H/Sなどの英字の意味は、
以下の通り、

・H(ヒット)=カードを引く
・S(スタンド)=カードを引かず、そのままの手札で勝負
・D(ダブルダウン)=掛け金を2倍にしてカードを引く
・P(スプリット)=2枚のカードを2つのハンドに分ける
・H/S(ヒット/サレンダー)=ヒットするかサレンダーするかのいずれか

と、ブラックジャックのそれぞれのアクションを示しています。

そして後は、

・自分の現在のハンドが「ハードハンドなのかソフトハンドなのかスプリットなのか」
・ディーラーのアップカード(表向きのカード)

というこの2つを確認するだけ。

また、ベーシックストラテジーの3つの戦略に関しては以下の通りです。

①ハードハンド戦略について
手札にエースが含まれていないか、エースがあってもその値を1としか数えられない手札の時に適用される戦略です。

②ソフトハンド戦略について
手札にエースが含まれており、エースを1または11として数えられる柔軟性がある手札の時に適用される戦略です。

③スプリット戦略について
手札がペア(同じ数字のカード2枚)の場合に適用される戦略です。
この戦略は、特定のペアに対して最適な行動を決定するために使用されます。
例えば、8のペアは常に分割する、10のペアは分割しないなどです。

最も大事なことは、内容を正確に理解すること以上に、
実践のゲームスピードの中で、ベーシックストラテジーを適用しつつ、
ゲームをプレイできることです。

ベーシックストラテジーの効果

ベーシックストラテジーの効果は、数学やブラックジャックのプロが優れた論文を発表するほどに、
裏付けや根拠に基づいたものです。ベーシックストラテジーを適用することで、プレイヤーに有利な状況を作り出すことが可能になります。

ブラックジャックにおける通常の還元率は98%から99%ですが、ベーシックストラテジーを適用することで、プレイヤーの還元率は100%超えまで引き上げることが可能です。

パチンコや競馬など還元率が軒並み90%以下のギャンブルと比べ、
ほとんどのカジノゲームは還元率90%を超えています。

その事実だけでも既に、
カジノゲームはギャンブルの中でも圧倒的に割のいいギャンブルであるのが分かります。

しかし、還元率100%を超えるということは「カジノ側よりもプレイヤーが有利に立つ」ということであり、ブラックジャックのベーシックストラテジーの効果の高さが、その他のギャンブルと比較しても頭1つ突出していることがご理解いただけると思います。

私は、カジノの中でも、バカラとルーレット、ブラックジャックを好んでプレイします。
ブラックジャックをプレイする際、ベーシックストラテジーのチャートの画像を横に置きながらゲームに臨んだところ、初心者時代にもかかわらず他のゲームに比べて明らかに成績が向上しました。

体系が確立されているので、初心者もマネすればある程度の効果が出やすいのがベーシックストラテジーの強みです。

[ベーシックストラテジー実践テクニックと戦略]

繰り返しになりますが、
プロによって数学的に証明された優れた戦略、それが「ベーシックストラテジー」です。

この戦略はただ覚えるだけではなく、
実際のゲームで実践しながら身につけていくのが最も効率がよい方法です。

ここでは、実践に役立つ、具体的な実践テクニックと戦略の事例を紹介します。

まず、おおまかな流れは、

①ベーシックストラテジーのチャート表を常に手元に置く
②ゲームの流れを読む
③状況に応じた戦略を適用する

です。

カジノゲームには勝ち負けの波があります。
ブラックジャックにも必ず、勝ち負けの波があります。

流れを感じ、読みながら、連敗しても冷静さを保ちつつ、
ベーシックストラテジーから逸脱しないように心がけましょう。

カードとチャート表の照合の仕方

ではここから、実際のオンラインカジノの画面を見ながら、
チャート表を使った照合の仕方について見ていきます。

基本的に、

プレイヤーの手札とディーラーのアップカードに基づいて、
ヒット、スタンド、ダブルダウン、スプリットなどの判断がチャート表に全て記載されています。

自分でやることは、

・自分の手札とディーラーの表向きのカードを確認し、それをチャート表と照合する
・チャート表に記載されたアクションの指示に従う

これだけです。

例えば、プレイヤーの手札が8で、ディーラーのアップカードが8の場合、
チャート表にはHと記載されており、ヒットすることを推奨しています。

ベーシックストラテジーの戦略を実践するには、
基本的に、これを繰り返すだけで問題ありません。

ベーシックストラテジーのチャート表を使うことの利点は、初心者にはとっつきにくい戦略を簡単に理解し実践できる点にあります。初心者でも、どのような状況でどのカードを選ぶべきかを一目見て直感的に判断できます。

ベーシックストラテジーの基本アクション事例集

ここからは、ベーシックストラテジーの基本アクション事例集を見ていきます。
使うのは、通常のベーシックストラテジーのチャート表です。具体例を見ながら、実際にチャート表のS、H、D、Pのどこを指しているのか目で追って確認してください。

・具体例1「プレイヤーの手札が12の場合で、ディーラーのアップカードが2または3の場合」

この状況ではH=ヒットが推奨されます。プレイヤーがS=スタンドすると、ディーラーが17以上に到達する確率が高くなります。

・具体例2「プレイヤーの手札が17以上の場合」

どのようなディーラーのアップカードに対しても、スタンドが推奨されます。リスクを冒してヒットするよりも、現在の手札を維持する方が賢明です。

私自身は、オンラインカジノでブラックジャックを始めた当初、ほぼ直感だけでプレイしていました。その後、必要性を感じてベーシックストラテジーを学びましたが、最初は「やりづらさ、面倒くささ」が上回っていたように思います。

当初、ダブルダウンやスプリットなどの判断が特に難しいと感じていました。
なぜならダブルダウンやスプリットを要求される局面に出会うことは頻度としてはそう多くはないので、
ゲームを繰り返しながらいざその局面が来た時、一瞬迷っているうちにアクションを選択できる時間が締め切ってしまうんです。

ですが、ベーシックストラテジーの指針を参考にしながら何度もゲームを繰り返すうちに、徐々に指針を見なくても適切な行動が取れるようになり、明らかに勝率が向上したことを実感しています。

これらの例は、ベーシックストラテジーの一部に過ぎませんが、
ゲーム中の多くの状況で、最適な行動を導き出すための基本となります。

私がブラックジャックでベーシックストラテジーを深く実践し始めた時、特にソフトハンドの扱いやダブルダウンのタイミングが課題でした。正直、どうしてもベーシックストラテジーのチャート表を確認するのが面倒になる瞬間があるんですよね(笑)。

ベーシックストラテジーを使っていると、自分の直観的にはこう感じるなど、個人差はありますが、保守的過ぎたり逆に攻撃的過ぎる戦略を取ってしまいがちです。

初めは不安でしたが、このような積極的なプレイが長期的には利益に繋がることを実感しました。ベーシックストラテジーは、実践して多くの経験を積むからこそ、知識と感情が実際のプレイに追いつき、良好な結果として初めて反映すると感じました。

ベーシックストラテジーの応用アクション事例集

ここからは、ベーシックストラテジーの応用アクション事例集を見ていきます。

基本アクションのように頻度は多くありませんが、
ベーシックストラテジーの効果を最大限に発揮するには、
この応用アクションも正確に実践する必要があります。

・具体例3「プレイヤーの手札がAと6のソフト17で、ディーラーのアップカードが3から6の場合」

この状況の場合は、D=ダブルダウンを選択します。基本的にソフトハンドでは、より積極的なプレイが可能なので、割合的にヒットやダブルダウンが多くなります。

※ソフト17とは、ソフトハンドの17のことを指します。手札がエースとの組み合わせで構成されている状態を指し、エースを1または11として数えられる状態の時「柔軟性」があることからソフト17と呼ばれます。ちなみに、エースを1としてしか数えられない時はハード17と呼びます。11として数えるとバーストしてしまうような手札です。「A、9、7」のような手札を指します。

・具体例4「プレイヤーの手札がAとAのペアで、ディーラーのアップカードが9の場合」

この状況の場合は、P=スプリットを選択します。

A (エース)のペアをスプリットすることで、プレイヤーは2つの強力な手札を作れます。2つのA (エース)に新たに追加カードが配られることにより、21に近づくまたはブラックジャックを形成する可能性が高まります。ディーラーのアップカードが9であっても、A (エース)の柔軟性を活かして、より有利な状況を作り出すことが可能です。

このような具体例と同様の経験をたくさん積むことが大切です。
無料プレイや少額の賭けが可能なブラックジャックテーブルから練習を始めて、実践の中で慣れていくのがおすすめです。

[ベーシックストラテジーの練習方法やおすすめカジノ]

ベーシックストラテジーの効果的な練習方法

ベーシックストラテジーはブラックジャックで成功するための基盤ですが、それを実際のゲームに適用するためには、状況を読み素早く対応する能力が求められます。これらを練習し、自分のものにすることが不可欠です。

そこで圧倒的に多くの経験を効率よく積むために、実際にオンラインカジノにログインしてライブカジノのブラックジャックを使って練習します。最初のうちは、お金は賭けても賭けていなくても構いません。

このようにブラックジャックのテーブルの中でも、参加者が多くいる画面に入ります。

そして、自分の賭けも含めて全てのプレイヤーの手札とディーラーのアップカードを照合していきます。

もちろん、ディーラーのアップカードは同一になってしまいますが、
他のプレイヤーがベーシックストラテジーと異なる判断をするかなど、とても勉強になります。

以下のような練習問題ができるので、左から順に見ていきましょう。

①プレイヤーの手札が4と10、ディーラーのアップカード10
手札の合計は14です。この状況では、ベーシックストラテジーは「スタンド」を推奨していません。「ヒット」を選択します。

②プレイヤーの手札が4とJ、ディーラーのアップカード10
この事例も手札の合計は14と同じで「ヒット」を選択します。

③プレイヤーの手札が6と8、ディーラーのアップカード10
手札の合計は14です。
この場合も、ディーラーの強いアップカードに対して「ヒット」を選択するのが一般的な戦略です。

④プレイヤーの手札が10と5、ディーラーのアップカード10
手札の合計は15です。ディーラーのアップカードが強いため、ここでも「ヒット」が推奨されます。

⑤プレイヤーの手札がKと3、ディーラーのアップカード10
手札の合計は13です。ディーラーのアップカードが10の場合「ヒット」を選択します。

⑥プレイヤーの手札が5と5、ディーラーのアップカード10
手札はペアの5で、合計は10です。一般的なベーシックストラテジーでは、ペアの5に対しては「ダブルダウン」を推奨していますが、ディーラーのアップカードが10の場合は「ヒット」を選ぶことが推奨されます。

⑦プレイヤーの手札が4とJ、ディーラーのアップカード10
この事例は②と同じであり、手札の合計は14です。「ヒット」を選択します。

このように見ていくと理解できますが、そもそも基本のアクションはヒットかスタンドしかありませんし、
ダブルダウンやスプリットやサレンダーは応用的なアクションなので、頻度は多くありません。ベーシックストラテジーが示すアクションは、必然的に大半はシンプルなものになります。

今回の例の場合は、
一瞬迷うとすれば、⑥のパターンの5と5のペアの手札ぐらいですね。

ただし、他のプレイヤーがするアクションは、必ずしもベーシックストラテジー通りではありません。むしろそのことこそ、かえって勉強になることが多いのです。

特に⑥のパターンのように微妙な手札の場合、プレイヤーによって行動パターンが変わりやすいものです。

「この時はこういう判断をするのか」「彼の場合、ベーシックストラテジー通りに動かなかったが、今回の場合それが功を奏したな」など、多くの情報を短時間で受け取れますので、初心者におすすめの練習方法です。

無料ブラックジャックゲームを利用した練習方法

もう1つ練習方法としておすすめなのが、無料のブラックジャックゲームです。

こちらは、NetEnt社の無料ブラックジャックゲームですので有効に活用してください。

ベーシックストラテジーにベラジョンカジノがおすすめの理由

そして、いざお金をかけてベーシックストラテジーを実践する際は、

ベラジョンカジノがおすすめ!

実はベラジョンカジノは、ブラックジャックの直近24時間のRTPを見られます。
RTPとは還元率のことです。

還元率が100%を上回っていれば、プレイヤーは理論上、
カジノ側より有利に立っており、賭けた金額よりも多くの利益を得ることが期待できます。

もちろん直近24時間のRTPが高いからといって、その後も継続してRTPが高いという根拠はありません。しかし、少なくとも直近24時間においてプレイヤー有利の流れがあるテーブルでプレイすることは、想像以上に安心感があります。

何よりベーシックストラテジーとの組み合わせで最大限に還元率を高められるので、初心者の練習環境としては最適です。

直近24時間のRTPを公開しているカジノは他にも、
コルベットワンダーカジノユースカジノなどがあります。

しかし、ライブカジノで、それもブラックジャックのRTPを公開しているカジノは少なく、その観点からもベラジョンカジノは、初心者がベーシックストラテジーを試す環境として最適です。

[よくある質問Q&A]

ベーシックストラテジーは複雑に見えるけど、本当に初心者でも理解できる?

理解できると思います。ベーシックストラテジーを初めてみた時は、見慣れないチャート表なため難しい印象を持つ方も多いと思いますが、実際には決められたルールに基づいて全ての状況に対応できるシンプルな表です。問題になってくるとすれば、各状況に対応したアクションを実践で毎回繰り返すスピード感と集中力です。ただベーシックストラテジーを正しく適用できた場合の還元率を考えれば、そこにある程度の根気を持って取り組む価値があります。

ベーシックストラテジーの他に、ブラックジャックに関する必勝法はないの?

ベーシックストラテジーと並んでブラックジャックの必勝法として有名なのが、カードカウンティングです。こちらもベーシックストラテジー同様、数学やブラックジャックなどのプロによる裏付けのある必勝法です。カードカウンティングに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。
ブラックジャックのカードカウンティング徹底解説!

ベーシックストラテジーだけを極めれば、完璧なの?

ベーシックストラテジーを極めることは、ブラックジャックで成功するための非常に重要なステップです。実際、カジノ側の数学的な優位性を最小限に抑えられます。
しかし「完璧」かどうかに関しては断言することはできません。
カードカウンティング、資金管理、さらには心理的な要素など、他の多くのスキルと戦略を組み合わせることで、カジノ側の優位性をプレイヤー側に傾けられます。

[まとめ]

今回はブラックジャックのベーシックストラテジーの基本的な知識を深めるところから始まり、ベーシックストラテジーの適用方法、実践的な内容や練習方法まで解説してきました。

この記事が、ベーシックストラテジーの理解を深め、
読者の方が、実践的なスキルやテクニックを習得するお手伝いとなれば幸いです。

takuya
2級ファイナンシャルプランニング技能士で、ブログ記事作成と電子書籍作成を専門とするライターのTAKUYAです。【オンカジ業界は7年目】3年間にわたり、オンラインカジノに関するセミナーや勉強会を毎週主催、コンサルティングも経験。エルドアカジノではVIP会員として1億円超のローリングを数か月以上回し、持ち前の確率論や期待値の知識を活かした戦略に組み込んだ手法で、バカラを中心に、1か月で5万円を20万円に増やしたり、400万円を元手に100万円を稼いだりしたことも。しかし、同時に大負けも経験。生徒の中には、100万円を1日で2000万円にする者や100万円を1か月で400万円にするような猛者も現れたが、無理な賭け方では長続きしないことに気がつく。そのような経験を積む中で確率論、期待値、そして資金管理の面白さや重要性に気づき、その知識を活かし、より健全にオンラインカジノの魅力や楽しさを伝えるカジライフの運営担当へと就任。 (リンク内のプロフ写真は、韓国の済州神話ワールド・ランディングカジノ前)