ブラックジャックスイッチ

ここではオンラインで遊べるブラックジャックゲームの種類の1つであるブラックジャックスイッチについて解説・紹介しています!是非、通常のブラックジャック以外のゲームも遊びたいと思った方は1度見ていってくださいね!

ブラックジャックスイッチとは

ブラックジャックスイッチとは、ライブカジノの大手プレイテック社が開発した新しいブラックジャックのゲームでブラックジャックエクスチェンジ(Blackjack Exchange)とも呼ばれています。大まかなルール等は通常のブラックジャックと変わりませんが、このゲーム独特のルールがいくつかあり、また通常よりも還元率(RTP)が高くなっていたりもするため、多くのオンラインカジノプレイヤーには必見のゲームとなっています。

ブラックジャックで使えるボーナスを提供しているオンラインカジノ

  • コニベットのボーナスや入金・出金方法、評判などを徹底レビュー!

    ライブカジノで貰えるリベートボーナス!

    賭け条件反映率:ライブカジノ(20%)、詳しくはボーナス詳細をご参照ください

    総合評価: 4.8/5

    満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

    • 賭け条件: 1倍
    • 出金スピード: 5/5
    • 運営サポート: 5/5
  • コニベットのボーナスや入金・出金方法、評判などを徹底レビュー!

    スロットで貰えるリベートボーナス!

    賭け条件反映率:ライブカジノ(20%)、詳しくはボーナス詳細をご覧ください。

    総合評価: 4.8/5

    満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

    • 賭け条件: 1倍
    • 出金スピード: 5/5
    • 運営サポート: 5/5
  • 賭けリンのボーナスや入金・出金方法、評判をレビュー!

    最大¥222,220のウェルカムボーナス

    賭け条件反映率:30%

    総合評価: 5/5

    満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

    • 最低入金額: ¥1000
    • 賭け条件: 25倍
    • 出金スピード: 5/5
    • 運営サポート: 5/5

ゲームの流れ

まずはゲームの流れから見ていきましょう!先ほどもお伝えしたように、大きな流れは変わりません。しかしベットの時、カードが配られる時と、その直後の選択肢に大きな違いがあります。以下が大まかな流れになります。

  1. 2つのハンドにベットをする
  2. 2つのハンドに計4枚のカードが配られる。
  3. それぞれのハンドで配られた2枚目のカードをハンド間で交換することができる

以上が大きな流れ、そしてメインの特徴となります。次の項目で詳細を説明しますが、ブラックジャックスイッチでは2つのハンドでスタートし、カードを入れ替えるという選択肢が与えられている、非常にユニークなゲームとなっています!

通常のブラックジャックとの違い

2枚目のカードを変えることができる

ゲームの流れで紹介しました、ブラックジャックスイッチでのメインの違いですね!ここでは詳細に紹介していきます。

まず、2つのハンドでスタートし、計4枚のカードが配られます。例えば次のようなハンドになったとしましょう。

Blackjack switch example 1

ここで2枚目同士のクラブ1とクラブ3を入れ替えます。

Blackjack switch example 2

すると片方は9、そしてもう片方はナチュラルブラックジャックの完成となります。

このようにブラックジャックスイッチではプレイヤーにとても有利なスイッチを行うことができるようになっています!しかし、この後の特殊なルールはこの有利なプレイヤーのルールに対抗するために作られたものになっています。どんなルールなのか詳しく見ていきましょう!

ディーラーがソフト17の時はヒットしてくる

まずディーラーに有利となるルールの1つ目に、ディーラーがソフト17の際にヒットしてくるということが挙げられます。ソフト17とはAを11として数えることが出来るハンドのことで仮にヒットしたとしてもバーストする可能性の無い状況のことをいいます。詳しくはブラックジャックガイドのカードの数え方を見てみてください!

さて、通常ディーラーはAを11として数えるため、例えばAと6の組み合わせの場合、17以上はステイのルールにのっとりヒット出来ないようになっています。しかし、これではあまりにプレイヤーに有利な状況になってしまうため、ソフト17の時のみ追加でカードを引くことがk=できるようになっています。

このルールの難しいところは、ソフト17の場合、3や4を引かれると20や21といった強いハンドになってしまうことや、それ以上でもディーラーがまずバーストすることが無いというてんにあります。アップカードにAがある時は、いつも以上に自身の選択肢をより熟考する必要がありますね。

ディーラーが22の時はプッシュとなる

次の特殊ルールは、ディーラーが22のハンドとなった時はバーストとならず、代わりにプレイヤーのハンドが何であれ(ナチュラルブラックジャックを除く)プッシュとなってしまうというルールです。

これもまた非常にディーラーにとって有利なルールとなっており、つまりは4と8のハード12の時はまだ1枚バーストの心配なくカードが引けるということになります。プレイヤーも仮に5、8、8のようなラッキーな21が来てもまだ安心できないということになります。

22が出た際に、決してプレイヤーが負けとなるわけではなく、またせめてプレイヤーのナチュラルブラックジャックはしっかりとプレイヤーの勝ちとなるので、そこまで悲観することはないかもしれませんが、21と22の差は大きく感じてしまいますよね。

ブラックジャックの配当が1:1

最後の1つにナチュラルブラックジャックの配当が1:1となるというルールがあります。通常は2:3という出たらラッキーにもいつも以上の配当が貰えるブラックジャックですが、ブラックジャックスイッチでは普通の勝利と変わらない価値となってしまいます。少し損した気分ですが、やはりこれもプレイヤーがカードを変えることができる代償ということになっています。

ブラックジャックスイッチの還元率(RTP)について

ここまでブラックジャックスイッチの特殊なルールについてご紹介しましたが、プレイヤーとディーラーのどちらが有利に感じたでしょうか?特殊ルールが3つもあるディーラーが有利ではないかと感じた方も多いかもしれませんが、実はブラックジャックスイッチは通常のブラックジャックよりも高い還元率(RTP)を誇っています。

ただでさえ99%とも言われる高還元率のブラックジャックですが、ブラックジャックスイッチではなんと99.87%という驚異的な数字になっています。やはり総合的に鑑みて、2枚目のカードを変えることができるという点が有利に働いているということになっているようです。

ブラックジャックスイッチの攻略法

ここまででブラックジャックスイッチの特徴を分かっていただけたかと思いますが、気になるのは攻略法です。ディーラーが22までバーストにならなかったり、ソフト17ではヒットしてきたりと、こういった状況では通常のベーシックストラテジーの表はあてにならなさそうですね。

ここではブラックジャックスイッチに適応したベーシックストラテジーを紹介していきます!

またこれらの攻略法はTHE WIZARD OF ODDS(オッズの魔法使い)というサイトを参考にしています。

まずはスイッチを行う時のオススメの考え方についても触れていきます。

覚えておきたいのが、スイッチを行う際は

1.ディーラーのアップカードが7または8の時、自身の弱いカードをなるべく強く、そして2つのハンドがなるべく均等な強さになるようにしましょう。

2.ディーラーのアップカードが7または8以外の時、できるだけ手持ちのカードで片方のカードを強くするようにしましょう。

この2つが大前提となります。ちなみにブラックジャックスイッチでのカードの強さの序列は次のようになっています。

  1. 21
  2. 20
  3. 19
  4. A.A
  5. 11
  6. 10
  7. 9
  8. 8または18
  9. 8.8(アップカードが2から8の時)

もしも以上のハンドが作れない時には次の順番で出来るだけ強いハンドを作ることをオススメします。

  1. 7または17
  2. スプリットできるハンド
  3. 12
  4. 13

最後に例外として以下のオススメのハンドについて紹介します。

  • A.Aと3.8の時はスイッチしない
  • A.Aと2.9でディーラーのアップカードが2~6の時はスイッチしない
  • A.Aと2.8の時はスイッチしない

ここで、スイッチを行うのが良いか、変えない方が良いのかという判断を行う時に参考にできる表をご紹介します!

  ディーラーのアップカード
2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
プレイヤーのハンド 21 3ポイント
20,A9 2ポイント 3ポイント 2ポイント
19,A8 1ポイント 3ポイント 2ポイント 1ポイント
18,A7 1ポイント 2ポイント 1ポイント
12-17 0ポイント
11 2ポイント
10 2ポイント
9 1ポイント
8 1ポイント
7> 1ポイント
A2-A6 1ポイント
AA 2ポイント
99 1ポイント 2ポイント 1ポイント
88 0ポイント 1ポイント 2ポイント 1ポイント 0ポイント
77 0ポイント 1ポイント 0ポイント
66 0ポイント 1ポイント 0ポイント
33 1ポイント
22 1ポイント

この表の使い方は、ディーラーのアップカードと自身のハンドを2つ別々に照らし合わせ、当てはまるポイントを計算します。もしもスイッチ前のハンドの合計ポイントの方が高ければスイッチせず、スイッチした時のポイントの方が高ければスイッチを行うといったようになります。

例として1つご紹介します。自身のハンドが8.4(12)A.8(9または19)、ディーラーのアップカードが6だとしましょう。表を見てみるとプレイヤー12‐ディーラー6では0ポイントプレイヤー9または19‐ディーラー6では1ポイントとなっています。よってスイッチする前の合計ポイントは1ポイントとなります。

ではこのプレイヤーのハンドをスイッチしたと仮定します。その時のハンドは8.8(16)A.4(5または15)となります。表には8.8のようにスプリットできる際の列もあるので、16ではなく8.8の列を参考に見てみると、プレイヤー8.8‐ディーラー6では1ポイント、そしてもう1つのハンドではプレイヤー5‐ディーラー6にて1ポイントとなっており、合計2ポイントとなります。

この結果から、スイッチした時の方が勝率が高いと割り出すことができるということになっています。

初めは戸惑ってしまうスイッチの判断基準ですが、この表そしてその前にご紹介した考え方を駆使すればとても簡単にゲームを進めていくことができるようになっています!また、もしもこれらの表を使って計算することが嫌だという人は同じくオッズの魔法使いにて自動で計算してくれるページがあるので、興味がある方は1度使ってみてください!

では次にスイッチを行った後に参考になるベーシックストラテジーの表になります!これは通常のブラックジャックのベーシックストラテジーの表と同じ使い方ができるため、特に説明は要りませんね!

  ディーラーのアップカード
2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
プレイヤーのハンド 5-8 ヒット
9 ヒット ダブル ヒット
10 ダブル ヒット
11 ダブル ヒット
12 ヒット スタンド ヒット
13 ヒット スタンド ヒット
14 スタンド ヒット
15 スタンド ヒット
16 スタンド ヒット
17-21 スタンド
  ディーラーのアップカード
2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
プレイヤーのハンド A2 ヒット
A3 ヒット
A4 ヒット
A5 ヒット ダブル ヒット
A6 ヒット ダブル ヒット
A7 スタンド ダブル/スタンド スタンド ヒット
A8 スタンド
A9 スタンド
A10 スタンド
  ディーラーのアップカード
2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
プレイヤーのハンド 2.2 ヒット スプリット ヒット
3.3 ヒット スプリット ヒット
4.4 ヒット
5.5 ダブル ヒット
6.6 ヒット スプリット ヒット
7.7 スタンド スプリット ヒット
8.8 スプリット ヒット
9.9 スタンド スプリット スタンド スプリット スタンド
10.10 スタンド
A.A スプリット

いかがでしょうか?通常のブラックジャックと比べ、思ったほど大きく選択肢が変わったようには見えませんね。しかしディーラーの22プッシュとソフト17でのヒットがあることで、際どい状況での変化があることが見えます。是非ブラックジャックスイッチで遊ぶ時にはこの攻略法を使って準備万端で楽しんでください!

まとめ

ブラックジャックスイッチの概要は分かっていただけたでしょうか?通常のブラックジャックよりも選択肢が増える分、よりプレイヤーもディーラーも戦略的になるゲームです。しかし、ゲームに慣れると通常よりも高い還元率が示しているようにプレイヤーにはより有利なゲームとなっていますので、是非普通のブラックジャックに飽きたという方やより還元率の高いゲームで遊びたいという方はカジライフで戦略を学んで、存分にブラックジャックスイッチを楽しんでください!

yoshi
同志社大学を卒業後、単身マルタへ渡航。ライブカジノの大手プロバイダーEvolution Gamingでディーラーを経験し、カジノゲームや業界の一部裏側を知る。その後、エストニアを拠点にするカジノオペレーターにてアフリエイトマネージャーを担当し、アフィリエイトの世界に触れ、カジライフの運営担当へと就任。 まだまだ未熟な日本人向けオンラインカジノ業界の発展、正しい遊び方を発信している。