高速送金リップルでカジノを楽しもう!国際送金にも便利!

リップルがカジノで使える仮想通貨でもトップレベルの高速送金なのは〇〇〇だから!
リップルが手数料も安い上に圧倒的な高速送金なのは〇〇〇があるから!
リップルの国際送金プラットフォーム「〇〇〇」には、世界中の金融機関も参加している!

リップルで遊べるオンラインカジノのおすすめランキング

  • デュエルビッツの評判や入金・出金方法などを徹底レビュー!

    賭け条件無しのフリースピンが貰える!

    最大合計で500スピンが貰える

    総合評価: 4.8/5

    特定のスロットで一定の賭けを行う必要あり

    • 賭け条件: 無し
    • 出金スピード: 5/5
    • 運営サポート: 5/5

目次

オンラインカジノでリップルを使いたい人が知っておくべきこと4選とは?

  • 国際送金に特化していて、オンラインカジノでの送金も速い上に手数料も安い!
  • 中央集権型の仮想通貨
  • ブロックチェーンが使われていない
  • リップルネット

国際送金に特化していて、オンラインカジノでの送金も速い上に手数料も安い!

リップルは、
他の暗号資産(仮想通貨)と比べて、圧倒的な送金速度を実現しています。



リップル社が独自に開発した「コンセンサス・レジャー」
というシステムで取引データを管理しているためで、

わずか4秒の高速送金と数十円の格安の送金手数料の両面を兼ね備えています。

中央集権型の仮想通貨

ビットコインをはじめとする、仮想通貨の多くには、
非中央集権型の仕組みを採用しているものが多いのですが、

リップルはリップル社を中央においた、
中央集権型の仕組みを採用しているということで有名です。

では、リップルの採用している中央集権型の仕組みは、
どのような点において優れているのでしょうか?

それは、強力なリーダーがいることで、変更点や修正点を決定する際に、
時間的なコストが大きく削減できるということです。

つまり意思決定までのスピードが速いということです。

また、責任の所在が明確なので

その結果、トラブル発生時の対応が速いということが言えます。

中央集権型の構造では、
中央の機関、この場合リップル社が個人が管理や統制を行い、
全体をコントロールすることができます。

一方、非中央集権型の仕組みでは、
参加者が自己決定的に行動できるため、個人の自由度が高まります。

ブロックチェーンが使われていない

中央集権型である話題の延長になりますが、
中央集権型であるリップルは、
多くの仮想通貨で活用されているブロックチェーン技術は採用されていません。

リップルは、ブロックチェーンを介さない独自のアルゴリズムで運営されています。
リップル社が認定した一部の業者が多数決を行うことで、承認作業を行います。

リップルネット

リップルネット=Ripple Netという送金ネットワークは、
既に世界中の金融機関と繋がっています。

全世界300以上の金融機関が参加しており、
日本の金融機関もリップルネットに参加しています。


有名な企業は、

AMERICAN EXPRESS、SBIホールディングス、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友信託銀行などです。

オンラインカジノでリップルを使うメリット

オンラインカジノでリップルを使うメリットは、
ずばりその送金スピードの速さと手数料の安さです。

国際送金に特化したリップルを使えば、

銀行送金はもちろん、ビットコインよりも更にスピーディーです。
3~5秒で送金が完了します。

また、ビットカジノ側が徴収する手数料は無料です。

リップル送金にかかる手数料はリップル社によると0.0004米ドル。1ドル100円なら0.04円です。

オンラインカジノでリップルを使う時の注意点

オンラインカジノでリップルを使う際にもし懸念があるとすれば、価格変動リスクです。
リップルは中央集権型であるため、リップル社の動向に左右されやすい側面があるということです。

特にリップルそのものの価値についてですが、直近では、リップル社訴訟問題があります。

「リップル社は、有価証券法違反なのでは?」と
SEC(米証券取引委員会)とリップル社は、3年もの間裁判で争っていました。


その後、リップル社が米証券取引委員会 (SEC)との裁判で一部勝訴を勝ち取ったことで、
リップル (XRP)は65円台から120円台へと短期間で倍近くにまで上昇しました。

上記の画像のチャートの2023年7月当たりをご覧ください。
2023年7月13日に一部勝訴の話題が出た直後のチャートです。
このチャートは日足チャートでローソク足1本が1日を意味していますので、

1~2日で価格が暴騰しその後数日その傾向が継続したことになります。

その後再度下落しており、
この下落を大きな上昇の中の下落と考える投資家も多いようですが、
実際のところどうなるのかはとても予測しにくいです。

リップルでカジノに入金する方法

1.リップルなどの仮想通貨を扱っている取引所でリップル用のウォレットを作成する
(日本では、ビットフライヤーやコインチェックの利用者が多いです)

2.その取引所内で日本円をリップルに両替する

3.オンラインカジノの入金画面から
オンラインカジノ側から指定されたウォレットアドレスに送金orQRコードを読み込むことで
リップルの入金申請を行う

リップルでカジノから出金する方法

1.オンラインカジノの出金画面から出金額を入力

2.オンラインカジノの出金画面から今度は取引所側のウォレットアドレスを入力し出金申請を行う

よくある質問 Q&A

オンラインカジノでリップルを使うメリットは?

送金まで4秒と言われるそのスピーディーさと送金手数料の安さです。

オンラインカジノのリップル入金や出金は、パソコンでもスマートフォンでも利用 できるの?

はい。多くのオンラインカジノは既にパソコン、スマートフォンともに対応しています。入手金だけでなくプレイも問題なく行えます。スマホゲーム感覚で遊べるうえに、他のギャンブルに比べて期待値が高いのでおすすめですよ。

リップルのXRP Ledgerとはなんですか?

主に銀行などの金融機関や法人向けの台帳の役割を果たす、リップル独自の決済システムです。個人の利用を想定して開発されたブロックチェーンとは根本的な違いがあります。

リップルはなぜ金融機関などとも契約できるのですか?

送金速度が圧倒的に速く手数料も安いことが引き金となり、
何より暗号通貨の中でも管理者不在のシステムとは異なり、リップル社という法人によって保有とロックアップされているという点で、採用を検討する金融機関に安心感を与えているようです。

takuya
2級ファイナンシャルプランニング技能士で、ブログ記事作成と電子書籍作成を専門とするライターのTAKUYAです。【オンカジ業界は7年目】3年間にわたり、オンラインカジノに関するセミナーや勉強会を毎週主催、コンサルティングも経験。エルドアカジノではVIP会員として1億円超のローリングを数か月以上回し、持ち前の確率論や期待値の知識を活かした戦略に組み込んだ手法で、バカラを中心に、1か月で5万円を20万円に増やしたり、400万円を元手に100万円を稼いだりしたことも。しかし、同時に大負けも経験。生徒の中には、100万円を1日で2000万円にする者や100万円を1か月で400万円にするような猛者も現れたが、無理な賭け方では長続きしないことに気がつく。そのような経験を積む中で確率論、期待値、そして資金管理の面白さや重要性に気づき、その知識を活かし、より健全にオンラインカジノの魅力や楽しさを伝えるカジライフの運営担当へと就任。 (リンク内のプロフ写真は、韓国の済州神話ワールド・ランディングカジノ前)