銀行振込に対応しているカジノ

はじめに

日本のオンラインカジノは様々な決済方法を受け付けていて、銀行振込による入出金にまだ対応している運営会社も多数あります。

ベラジョン カジノ レビュー

Total rating: 4.8/5

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

ライブ・カジノ・ハウス レビュー

Total rating: 5/5

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

ビットスターズ カジノ レビュー

Total rating: 5/5

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

カジノイン レビュー

Total rating: 5/5

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

カジノ フライデー レビュー

Total rating: 5/5

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

オンラインカジノをプレイする際に銀行振込を利用するメリットとデメリットは何なのでしょう。
Like長所
  • Like 新規口座の開設が不必要 - 銀行口座はほとんどの人が持っているもの。オンラインカジノの資金調達に銀行口座を利用するなら、新たに口座を開設する必要はありません。貴重な時間と労力が省けますね。
  • Like 一元管理が可能 – 資金を一か所に集約することで、残高や口座への入出金を簡単に把握できます。
  • Like ひと手間省ける- 他の決済方法の多くは、プレイヤーが保有する銀行口座とカジノアカウントの仲介役の働きをするものです。この仲介になるものを省けば取引回数を減らせることになります。
Unlike短所
  • Cross 支払限度額が異なる – 支払限度額はカジノによって異なりますが、銀行振込を利用する場合、特に出金に関してはその傾向が顕著です。多くのオンラインカジノでは10ドルから入金が可能ですが、銀行送金を利用すると、入金と出金の最低限度額が他の決済方法より高いことがよくあります。これはポケットマネーで軽く遊びたいプレイヤーにはネックになるかもしれません。
  • Cross 残高不足の可能性 -オンラインカジノへ入金に、日常生活に使用している口座を使うと、口座取引額が増え、うっかりしていると残高不足に陥る可能性も。オンラインカジノでの決済に、別の方法を利用するプレイヤーが多いのはこのためです。
  • Cross 手数料 -銀行振込が国内での処理になるか海外送金扱いになるかは利用するカジノ次第です。また、入金に他の方法(例:eウォレットを使って、出金に銀行口座を利用する場合、双方で手数料が発生することがあります。
  • Cross 出金情報 – 本人確認手続きの一環として、カジノ側から銀行口座の詳細の提出を求められることがあります。通常、提出を求められるのは氏名、住所、口座番号、発行日が記載された銀行取引明細書ですが、日本の銀行は規制により、そのような情報が記載された明細書を発行しなくなりました。このため、必要書類を提出できずに出金できないプレイヤーも多くいます。

他に知っておく必要があることは?

送金の処理方法(国内・海外)によっては、入金がすぐに反映されない場合があります。1時間以内には届くはずですが、それ以上かかる場合がなきにしもあらず。J-Payを利用すれば入金は即時に口座に反映されます。

同様に、送金が国内送金か海外送金かによりますが、出金申請をして口座に到着するまでに最低3~5営業日かかります。一般的に国内送金の方が海外送金よりはるかにスピーディです。

出金が拒否されたり遅延することはたまにあります。その際、銀行から連絡があり、海外送金を受領する理由を聞かれます。こういう事態は送金額が100万円以上の場合に遭遇する可能性が高くなります。

出金の際、カジノから追加情報を求められることがあります。国際送金の場合はSWIFTコード、BICコード、国内送金の場合は金融機関コード、支店コード、支店名などです。