ソリティア ベガスモード ガイド

ソリティアのベガスモードは、伝統的なクロンダイク・ソリティア(または単にソリティアとも呼ばれる)にカジノ要素を追加したゲームモードです。基本的なソリティアのルールに加え、ベガスモードでは得点制が導入され、ゲームに緊張感やチャレンジ性が増します。

【ソリティア ベガスモードの特徴】

ベガスモードの特徴は以下の通りです。

  1. カードの払い戻し: 通常のソリティアでは、山札からカードをめくり、空いた場所にカードを置いていきますが、ベガスモードでは、めくったカードに対して金額が設定されています。通常は、$5または$52の価値が設定されています。
  2. スコアリング: ゲームを進めながら、場にあるカードを正しい位置に移動させることで得点を獲得します。ベガスモードでは、基本的にファウンデーション(組札)にカードを置くことで、カード1枚につき$5の利益が得られます。
  3. リミット: ベガスモードでは、山札をめくる回数に制限が設けられていることが一般的です。この制限により、より戦略的なプレイが求められます。通常、山札を1回または3回めくることができます。
  4. 勝利条件: ゲームが終了した時点での総利益が、ゲーム開始時の投資額(例えば$52)を上回っていれば勝利となります。すべてのカードを正しい位置に移動させてソリティアを完成させることが目標ですが、それができなくても利益が上回っていれば勝利となります。

ベガスモードのソリティアは、通常のソリティアに比べて戦略性や難易度が高くなります。山札をめくる回数に制限があるため、どのカードをいつ使うか、どの順番で配置するかなど、慎重な判断が求められます。また、得点制によって緊張感が増し、ゲームの面白さが向上します。ベガスモードは、ソリティアが好きな人や、新たなチャレンジを求める人におすすめのゲームモードです。

【ソリティア ベガスモードの戦略】

ベガスモードでのソリティアをより楽しむためのいわゆる戦略のようなものをいくつかご紹介します!対戦相手がいるわけではないので、より自身のレベル上げるためのポイントという意味で捉えてもらえるといいでしょう!

  1. カードの公開を遅らせる: カードをめくる回数が制限されているため、すぐに利用できないカードをめくることは避けたいです。できるだけ、利用できるカードが現れるまで待ち、その後に山札をめくりましょう。
  2. 空き場所を作る: 列の一番下にあるカードを動かすことで、空き場所を作り、新たなカードを配置できるようにします。空き場所を上手く活用することで、ゲームを有利に進めることができます。
  3. カードの移動を慎重に計画する: カードをどの順番で配置するか、どのカードを使うかは非常に重要です。利用できるカードが複数ある場合、どのカードが他のカードの配置に影響を与えるか検討し、最も適切な選択を行いましょう。
  4. ファウンデーションにカードを置くタイミングを考慮する: 得点を得るためにはファウンデーションにカードを置く必要がありますが、すぐに置くことが最善とは限りません。場にあるカードをうまく活用できるよう、適切なタイミングでカードをファウンデーションに移動させましょう。

ベガスモードのソリティアは、通常のソリティアと比較して難易度が高く、戦略的な判断が重要になります。しかし、その分やりがいもあり、練習を重ねることでスキルを向上させることができます。ベガスモードでの勝利は、通常のソリティアに勝る達成感があり、ゲームとしての楽しさをさらに引き出します。

yoshi
同志社大学を卒業後、単身マルタへ渡航。ライブカジノの大手プロバイダーEvolution Gamingでディーラーを経験し、カジノゲームや業界の一部裏側を知る。その後、エストニアを拠点にするカジノオペレーターにてアフリエイトマネージャーを担当し、アフィリエイトの世界に触れ、カジライフの運営担当へと就任。 まだまだ未熟な日本人向けオンラインカジノ業界の発展、正しい遊び方を発信している。