仮想通貨が使えるオンラインカジノランキング【2024年最新版】

カジノで使えるおすすめの仮想通貨について

仮想通貨が使えるオンラインカジノランキング

  • 元ライブディーラーが解説!Play World(プレイワールド)の入金不要ボーナス必勝使い方ガイド!

    $30の入金不要ボーナス

    出金上限$100、ベット上限無し

    総合評価: 4.8/5

    満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

    • 賭け条件: 10倍
    • 出金スピード: 5/5
    • 運営サポート: 5/5
  • スロットバイブカジノ ボーナスや入出金方法、評判を徹底レビュー!

    最大¥592,000のボーナス+250スピンが貰える!

    初回4回の入金対象

    総合評価: 4.8/5

    初回100%、2回目50%、3回目75%、4回目100%

    • 賭け条件: 40倍
    • 出金スピード: 5/5
    • 運営サポート: 5/5
  • 元ライブディーラーが解説!BeeBet(ビーベット)で貰える入金不要ボーナス使い方ガイド!

    スロット限定$30入金不要ボーナス

    ベット上限$6.25、出金上限$100、プロモーションコード『30CASINO』

    総合評価: 4.9/5

    満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録プレイヤーのみ

    • 賭け条件: 20倍
    • 出金スピード: 4.5/5
    • 運営サポート: 5/5

目次

仮想通貨が使える優良カジノの見極め方

7つの視点とは?

カジライフが推奨する仮想通貨が使える優良カジノを見極めるための7つの視点とは、以下の7つです。この7つの視点は仮想通貨が使えるカジノに関わらず、優良オンラインカジノを見極めるために必要な7つです。
そして、7つの視点は、お得感、快適感、信頼感の3つに分類することができます。


①ボーナス②VIPプログラム→お得感

③ゲームの選択肢④機能性→快適感

⑤ライセンス⑥安全性と公平性⑦評判 →信頼感

①ボーナス

オンラインカジノといえばこれ!といっても過言ではないのがボーナス。
今はボーナスのないオンラインカジノはほとんどありませんが、どんなボーナスが用意されているオンラインカジノなのかはしっかり調べてオンラインカジノを始めることをおすすめします。ボーナスの使い方の良し悪し次第では、カジノでの勝ちや利益に直接影響を与える「期待値」が大きく変わります。

また、どんなボーナスがあるのか詳細を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

2024年最新版!全公開!オンラインカジノでもらえるおすすめのボーナス

カジライフでは近々、期待値に関する記事も発信する予定なので、記事ができ次第、是非お知らせしますね!

②VIPプログラム

ボーナスの中には、入金した額に応じたボーナスやベット額に応じたボーナスもあります。
そして、一定期間、例えば、毎月の入金額や毎月のベット額に応じて、更なるお得なプログラムが用意されていることがあります。これらを総称してVIPプログラムと呼びます。ハイローラーボーナスと呼ぶカジノもあります。

VIPプログラムで最も一般的なプログラムは、
通常よりも大きくお得なリベートボーナスとVIP専用トーナメントです。

大きくお得なリベートボーナスに関しては、例えば、通常プレイヤーの1.5倍~2倍以上のお得なリベートボーナスが付与されるものがあります。

そしてVIP専用トーナメントとは、
一般プレイヤーは参加できず、VIPのみが参加できるトーナメントです。
その場合、最低ベット額も賞金も、通常トーナメントよりかなり高額な場合がほとんどです。そして、VIP同士のハイレベルな戦いに勝利した場合、カジノでの勝利金とは別にトーナメント優勝や入賞の賞金を受け取ることができます。

ランドカジノと呼ばれるリアルカジノでも、VIPプログラムでは、高級車や高級腕時計など豪華なものが用意されていますが、リアルカジノに遜色ない同等のVIPプログラムを用意しているオンラインカジノもあるので、それを目当てにオンラインカジノに登録するのも醍醐味です。

③ゲームの選択肢

プレイヤーによっては、これが最重要かもしれません。

特にオンラインカジノの場合、
ライブカジノに力を入れているカジノ、スロットゲームなどを中心に採用しているカジノ、スポーツベットも同時に扱っている多種多様なカジノなど、その特徴は様々です。オンラインカジノのサイトは、入金しなくてもゲーム内に入ることが可能なので、まずは無料登録だけして、ゲームに入ってみることもおすすめです。

④機能性

ゲーム選択画面やゲーム画面の見やすさ、カスタマーサービスの対応の迅速さや丁寧さ、日本語対応の有無、自分が利用したい仮想通貨は使えるのか、また決済手段の種類や速さなど、機能性の部分でカジノを判断することも大切です。特に、カスタマーサービスに関しては、カジノゲームそのものの品質ではない分、
サイトごとの誠実さや丁寧性の差が露呈しやすいです。
従って、カスタマーサービスに問い合わせをして親切で丁寧な対応かどうかは、
優良オンラインカジノかどうかを見極める上で重要な尺度になります。

⑤ライセンス

信頼できるオンラインカジノを選択するためにはまず、ライセンスの発行を受けているオンラインカジノを選ぶ必要があります。ライセンスとはカジノ合法国の公的機関がオンラインカジノのサイトの運営業者に対して発行するものです。当然ですが、カジライフでは合法的で安全なカジノのみを推奨しています。

オンラインカジノのサイトがライセンスを受けているかの見極め方

オンラインカジノのサイトのトップ画面に一番下を見てください。

そこには、カジノ合法国の公的機関が発行している

オンラインカジノに関するライセンスの表記があります。

基本的にオンラインカジノを運営するにはライセンスが必要です。

以下の画像の赤丸印のマークは、

CURACAO(キュラソー)ライセンスと呼ばれる日本語対応で遊べる多くのオンラインカジノが登録しているライセンスです。他に、マルタライセンス、ジブラルタルライセンスなどが有名です。※ちなみに左隣のマークはカナダのKAHANAWAKE(カナワク)ライセンスです。

(エルドアカジノホーム画面より)

⑥安全性と公平性

安全性と公平性を判断するために、第三者機関から監査を受けているカジノを選択する必要があります。実はオンラインカジノのサイトの運営業者とカジノ本体の運営業者は大抵、別の業者なのです。

そして、ゲームの安全性や公平性を保つために、大手や信頼性の高いカジノゲーム制作会社は、必ずと言って良いほど第三者機関の監査を受けています。

実は、先ほどのライセンスとは異なり、第三者機関の監査は必須項目ではありません。
だからこそ、カジノゲーム制作会社が、監査をしっかりと受けているかどうかが、信頼性を図る尺度として優れています。

ゲームプロバイダーが監査を受けているかの見極め方
以下は、ゲームプロバイダーとして大手のEvolutionのページのホーム画面です。

下までスクロールすると、どの第三者機関から監査を受けているか確認することができます。

(Evolutionホーム画面より)

画像は、eCOGRAという第三者機関で、ほかにGLI、iTech Labsなどが有名です。

⑦評判

最後は言わずもがな、評判です。
消費者の声は、今や広告宣伝や業者側のプロモーションよりも、影響力も信ぴょう性も高いと言えます。

特にオンラインカジノの場合、その性質上、消費者は敏感に厳しい目でそのサイトの良し悪しを判断します。

オンラインカジノについてのレビューやランキングも判断基準として持っておくことは非常に重要です。もちろん、カジライフをそのような判断基準として捉えて、活用して頂くことも大歓迎です。

7つの視点を活用して、お得感、快適感、信頼感の3つを兼ね備えたあなただけのお気に入りのオンラインカジノを是非見つけてください。

仮想通貨をカジノで使うメリット・デメリット

送金スピードが速い

仮想通貨は総じて、その他の決済方法より送金スピードが速い傾向にあります。

ビットコインはおおよそ10分、イーサリアムは15秒とも言われています。

従来までのオンライカジノの決済は、
銀行振込やクレジットカードを使用した入出金に時間がかかるサイトが大半でした。

それが仮想通貨の誕生そして普及により、圧倒的に送金スピードが速くなり、利便性が向上しました。

決済手数料が安い

オンラインカジノにおける決済で仮想通貨が注目される理由は、
送金スピードの速さだけでなく、「速さと低コスト」という二つの利点が主な要因です。

入金、出金どちらもスムーズ

オンラインカジノを古くから利用しているプレイヤーは、
クレジットカードは出金が非対応であったり、

電子決済は出金時に手数料と反映までに時間がかかることをよく理解しています。
その不便さから、オンラインカジノを利用しなくなった方も多いと思います。

仮想通貨は、入金も出金も、同じプロセスを逆順で行うだけで済むため、非常にスムーズな送金が可能です。これにより、銀行振込やクレジットカードに比べて優れた決済手段としての特徴が強調されています。

価格変動リスクがある

価格変動が大きい=ボラティリティが大きいということは多くの仮想通貨に共通している点で、今後の仮想通貨の課題でもあります。たった数日で急激に価値が上下することもあるため、オンラインカジノでの入出金時に仮想通貨の価値に差が出た場合、大きく損をしてしまうことがあります。(本質的には、仮想通貨に限らず価格変動リスクはどの通貨を保有していても存在するものです。)

未対応の仮想通貨も多い

ビットコインやイーサリアムなど時価総額、知名度ともに上位に位置する仮想通貨に比較して、マイナーな仮想通貨は現時点で未対応の仮想通貨も多いのが実情です。
仮想通貨をオンライカジノで利用する際には、ご自身が保有する仮想通貨とオンライカジノの対応、未対応をしっかりと確認する必要があります。

誤送金時の保証がない

仮想通貨の送金をキャンセルすること自体はできますが、
アドレスを間違えて且つその送金処理のプロセスが完了まで到達してしまった場合は

キャンセルできません。

そのため、スマートフォンやタブレット端末ではQRコードの読み取りを利用した送信、パソコンではコピー&ペーストを利用し、アドレス間違えが生じない方法を徹底すべきです。

仮想通貨をカジノへ入金する方法

1.ビットコインなどの仮想通貨を扱っている取引所でビットコインなどの国内で取り扱いのある仮想通貨用のウォレットを作成する
(日本では、ビットフライヤーやコインチェックの利用者が多いです)

2.その取引所内で日本円を任意の仮想通貨に両替する

3.オンラインカジノの入金画面から
オンラインカジノ側から指定されたウォレットアドレスに送金orQRコードを読み込むことで
任意の仮想通貨の入金申請を行う

補足事項

クレジットカード利用は、このあと海外の仮想通貨取引所のところでもメリットとして挙げますが、国内の仮想通貨取引所であっても、初回の仮想通貨購入だけはクレジットカードで行うと手軽です。しかしながら、2018年以降日本国内では規制が入り、海外と比べるとクレジットカード決済に消極的なところが多いです。2024年1月現在、Zaifという国内の仮想通貨取引所にてクレジットカード決済が行えます。

1.国内の仮想通貨取引所で円をビットコインなどの仮想通貨に替える

2.そのビットコインなどを、テザーなどを扱っている海外仮想通貨取引所に送金する

(海外仮想通貨取引所大手のBinance(バイナンス)やBybit(バイビット)がおすすめです。)

3.オンラインカジノの入金画面から

オンラインカジノ側から指定されたウォレットアドレスに送金orQRコードを読み込むことで

テザーの入金申請を行う


補足事項

クレジットカードを使うと海外仮想通貨取引所にて、テザーなどの海外取引所でしか取り扱いのない仮想通貨を直接購入できます。テザーのように、海外仮想通貨取引所にしか取扱いがない仮想通貨でも、国内の仮想通貨取引所を介さずに手続きできるので簡単です。国内の仮想通貨取引所と比べると海外の仮想通貨取引所はクレジットカード決済できるところが多いのでその点も安心です。

仮想通貨をカジノから出金する方法

1.オンラインカジノの出金画面から出金額を入力

2.オンラインカジノの出金画面から今度は取引所側のウォレットアドレスを入力し出金申請を行う

よくある質問Q&A

オンラインカジノで仮想通貨をを使うメリットは?

送金スピードが速い、手数料が安い、入出金がスムーズになることです。

国内の仮想通貨取引所と海外仮想通貨取引所はどこを使えば良い?

おすすめ国内仮想通貨取引所:ビットフライヤー、コインチェック、GMOコイン
おすすめの海外仮想通貨取引所:バイナンス  (Binance)、ビットレックス  (Bittrex)、ビットフィネックス  (Bitfinex)、ポロニエックス  (Poloniex)

ちなみに、海外仮想通貨取引所を使う時は、クレジットカードで入金すると手続きがスムーズです。

仮想通貨と暗号通貨は何が違うの?

暗号資産と仮想通貨は、呼び方が違うだけで同じ意味です。
暗号通貨は、それぞれの呼称を混在させた呼び方です。

2020年05月01日に金融庁が正式名称を仮想通貨から暗号資産に変更しました。
海外では一般的に「Crypto Currency」つまり暗号資産と呼ばれています。

しかし、日本では一般的には変更後も仮想通貨という呼び方が定着しています。

正式名称は暗号資産ですが、
仮想通貨と呼んでも通じており、浸透しているのが実情です。

仮想通貨から暗号資産と呼ばれるようになった理由としては、
金融庁が仮想通貨から暗号資産に名称を変更した理由は2つあります。

・法定通貨と混同させないため
・海外と呼称を合わせるため

正式名称は暗号資産、しかし一般的には仮想通貨の方がピンとくる人が多い、
といった状況だと思います。

仮想通貨は、長期投資としてはどうなの?

正直なところ、仮想通貨によります。しかし、2024年1月現在、
仮想通貨は長期投資対象というよりはFXなどの投機対象に近い扱いになっているところがあると思います。一方で「ガチホ」という言葉からも分かる通り、多くの投資家目線で、長期的に見て旨味があるという認識のある仮想通貨も存在します。

takuya
2級ファイナンシャルプランニング技能士で、ブログ記事作成と電子書籍作成を専門とするライター。 オンカジ業界は7年目。 3年間にわたり、オンラインカジノに関するセミナーや勉強会を毎週主催、コンサルティングも経験。エルドアカジノではVIP会員として1億円超のローリングを数か月以上回し、持ち前の確率論や期待値の知識を活かした戦略に組み込んだ手法で、バカラを中心に、1か月で5万円を20万円に増やしたり、400万円を元手に100万円を稼いだりしたことも。しかし、同時に大負けも経験。生徒の中には、100万円を1日で2000万円にする者や100万円を1か月で400万円にするような猛者も現れたが、無理な賭け方では長続きしないことに気がつく。そのような経験を積む中で確率論、期待値、そして資金管理の面白さや重要性に気づき、その知識を活かし、より健全にオンラインカジノの魅力や楽しさを伝えるカジライフの運営担当へと就任。 (リンク内のプロフ写真は、韓国の済州神話ワールド・ランディングカジノ前)