パーレー法(逆マーチンゲール法)について

パーレー法とは?

パーレー法とはカジノで使えるベット法(システムベット)のことで、あらゆるゲームで攻略法として使える戦略の1つです。

内容はとてもマーチンゲール法と似ていますが、別名逆マーチンゲール法と呼ばれるだけあって全く正反対のこと、つまり勝った時に倍賭けしていくという賭け方になっています。そのため、メリットやデメリットも基本的にマーチンゲール法と逆のことが挙げられます。

その他にも、いくつか注意点や使い方のコツがあるので、ここではそれらパーレー法の使い方を解説してきます。

パーレー法の使い方

では早速パーレー法の実際の賭け方を見ていきましょう。

マーチンゲール法と似ていると冒頭にお伝えしましたが、勝った時に倍賭けするという点の他は基本同じで、2倍の配当が貰えるゲームで特に効果を発揮します。また賭け方は先ほど軽く触れましたが、勝った際に倍賭けしていくというようになっています。

特徴としては負けた時は最小限の負けで済み、勝ち続ければ短時間でかなりの額を勝ち取ることができるということが挙げられます。しかしそれも1度負けてしまうとそれまでの勝ち分は全て飛んでいくことになるため、その点には注意が必要です。

それでは話は横において、実際のシミュレーションからその効果を見ていきましょう。

賭けた回数123456
賭け額$5$10$20$40$80$160
連続で勝った時の勝ち総額$5$15$35$75$155$315
負けた時に失う額-$5-$10-$20-$40-$80-$160
負けた時の負け総額-$5-$5-$5-$5-$5-$5

ここでは$5をスタートの金額として設定しているため、負けた時にはたとえその時にいくら賭けていようが損失は$5しかでないようになっています。

しかし、連勝が続けばご覧のように勝ち金額がどんどんが上がっていくのが見て取れますね。

スタートの金額を少し変えて、$8としてみましょう。これでも同じような結果が得られるでしょうか?

賭けた回数123456
賭け額$8$16$32$64$128$256
連続で勝った時の勝ち総額$8$24 $56$120$248$504
負けた時に失う額-$8-$16-$32-$64-$128-$256
負けた時の負け総額-$8-$8-$8-$8-$8-$8

この表から分かるように、スタートの金額が$8だとしても同じように負けた際の損失は$8のままなのに対し、もしも連勝が続くと6回の賭けで$504の純利益が出ることが分かりますね。

魅力が多いパーレー法ですが、次ではそのメリットとデメリットを見ていきます。

パーレー法のメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

少ない資金で短時間で稼げる

これは先ほどからずっとお伝えしているメリットですね!シミュレーションにもあったように$5が6連勝で$315の利益になったりと、爆発力がパーレー法のウリになっています。

資金も少なくて良く、かつ短時間でここまで稼げる方法は他にあまりありません。

リスクが少ない

これも先ほどシミュレーションでご説明したように、1タームでの損失が最初に設定した金額で決まっているため大きな負けに繋がりにくいのがメリットとなっています。1つ目のメリットを考えると特に最初の額を大きく設定する必要もないため、負け額をコントロールしやすいといえますね。

試すのが簡単

これはマーチンゲール法と同じで勝った時に倍賭けという非常にシンプルな方法のため、メモも要らず初心者の方も試しやすいのがこのパーレー法の良いところです。特にランドカジノではメモは使えないのでこういった簡単な攻略法を使えると嬉しいですね。

パーレー法のデメリット

1度負けるとそれまでの勝ち分が無くなる

これも冒頭からお伝えし、シミュレーションでも検証したように、どこかで負けるとそれまでの勝ち分は全て飛んでしまいスタート額分だけの負けが残ってしまいます。この点はマーチンゲール法とは違い、理論上必ず勝てるという攻略法ではないということになっています。

まさにメリットと表裏一体にあるデメリットといえるでしょう。

テーブルの最高賭け額があるため賭け続けられない

仮に連勝が続いたとしても賭け額がすぐに上がり易いため、テーブルの最高ベット額に頭打ちしてしまいやすいということがあります。

爆発力はありますがその上限が決められているため、連勝の上限を自分で予め決めておく必要があります。また、これは後から説明するパーレー法の上手な活用方法にもなるため、デメリットを上手に活かせば、結果としてパーレー法を使って良い方向にゲームを進めていくことができます。

連勝しなければいけない

ここまでの話をしてくれば連勝しないと利益が出ないということは当然のことなのですが、この事実を少し深堀していきたいと思います。

まずは連勝する可能性について表を用意しましたので見ていきましょう。

1勝50%
2連勝25%
3連勝12.5%
4連勝6.3%
5連勝3.1%
6連勝1.56%

これは勝ちと負けが半々という仮定でのパーセンテージですが、それでも5連勝や6連勝を使用と思うと3%~2%というかなり低い数字になります。

ブラックジャックではプレイヤーの技量が多少反映されるため、人によっては50%の勝負が出来るかもしれませんが、バカラやルーレットなどは運の要素がとても強いため、やはり5連勝や6連勝を目指すのはなかなかハードになるでしょう。

しかしそれでもある程度連勝で終わり続けることができない限りは、パーレー法で利益を出していくのは難しくなります。

パーレー法の上手な使い方

さて、ではパーレー法の特徴やメリット、デメリットを理解した上でパーレー法の上手な使い方について解説していきます。ただただ勝った時に倍賭けしていくだけでは負けが込んでくるため、ちょっとしたテクニックをここでお伝えします。

連勝の上限を決める

これは先ほどデメリットにて少し触れたポイントですが、自身の1タームの上限を決めておくというのはパーレー法を使うにおいて必須になります。

それ理由はデメリットを見ていただくと分かるかもしれませんが、2点あり、テーブルのベット上限に触れないため、そして勝って終わることで勝ち分を逃さないためということが挙げられます。

実際にはテーブル上限に当たるまで連勝し続けるのは、余程ラッキーか最初の設定額が高くなければそうそう起こることではないので、確率の面から自身の連勝の限度を設定しておくのがいいでしょう。

では何連勝までと設定しておくのが良いのか。ズバリ、カジライフでは3連勝、もしくは4連勝をオススメします!上の確率の表をみると、3連勝や4連勝は10%前後となっていますが、やはりカジノのゲームの多くはプレイヤーの実力が多少なり反映し、運が全てということはあまりないというのが実際のところです。また実際にカジノゲームを遊んだことがある人なら分かるかもしれませんが、3連勝や4連勝というのは数字に見えるほど難しいものでもありません。

3連勝や4連勝すればスタート額の4倍もしくは8倍の儲けを出すことができるので、意外に稼ぎは大きいというもの忘れないようにしましょう!

パーレー法とマーチンゲール法の組み合わせ

さて、もう1つのパーレー法を上手に使うコツですが、それはマーチンゲール法と組み合わせるというものになります!

ここまでも何度も繰り返していますが、パーレー法とマーチンゲール法は表裏一体、特徴やメリット・デメリットはそれぞれがまさに補完し合っている関係にあるといえます。そのため、この2つはとても相性の良い攻略法となっています。

具体的な組み合わせ方ですが、メインはパーレー法を使います。そして連勝の上限も4連勝としておきましょう。恐らく、4連勝にたどり着かずに初期設定額分を負けてしまうことが多々あるはずです。そこでマーチンゲール法の登場です。マーチンゲール法の特徴の1つといえば理論上は必ず初期設定額分勝つことができるというものでしたよね。ですので、負けた時にマーチンゲール法を使い、初期設定額分取り戻すということでパーレー法での負けをチャラにすることができます。

分かり易く、ここでシミュレーションを行ってみましょう。ここでは初期設定額を$5としておきます。

賭けた回数1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目
賭け額$5$10$20$40$10$20$40$5
結果勝ち勝ち勝ち負け負け負け勝ち勝ち
収支+$5+$15+$35-$5-$15-$35+$5+$10
攻略法パーレー法パーレー法パーレー法パーレー法マーチンゲール法マーチンゲール法マーチンゲール法パーレー法

このシミュレーションでは4連勝直前の3勝目の後に負けてしまい、マイナス収支を出してしまったところでマーチンゲール法に切り替えていることで、7回目の賭けで見事プラス収支に戻すことが出来ていますね。

このようにパーレー法をメインにゲームを進めていき、設定した目標連勝数に届かなかった時はマーチンゲール法で負けた分を取り戻すというようにしていれば、理論上はまさにデメリットの無い攻略法が誕生するということになります。

一点注意点を残すとするならば、マーチンゲール法の成功が必須だということです。これはマーチンゲール法についての記事でご紹介しているデメリットと同じになるため、その記事を是非参考にしてみてください!

パーレー法が向いているゲーム

それでは最後にパーレー法を使うのに向いているゲームをご紹介していきます。

パーレー法が向いているゲームは、ここまでくると分かる方もいるかと思いますが、実はマーチンゲール法が向いているゲームと全く同じとなります。

つまり約50%の勝負が出来、2倍の配当が貰えるゲームということになります。ですので代表的なカジノゲームで言えば、バカラブラックジャック、そしてルーレットでの赤・黒賭け、や奇数・偶数賭けなどになります。

これらのゲームは特にカジノでも人気のゲームで必ずと言っていいほど多くのカジノで取り扱っているため、パーレー法を試すには持ってこいのゲームとなります。

まとめ

パーレー法の魅力や注意点などはご理解いただけたでしょうか?

マーチンゲール法との組み合わせなど、使い方によっては爆発力もあるためとても役に立つ攻略法となってくれます。また初心者の方でもすぐに試せる簡単な攻略法となっているため、まだパーレー法を知らない人には是非教えてあげて欲しいテクニックとなります。

是非、オンラインカジノなどで練習がてらに試してみてくださいね!

yoshi
同志社大学を卒業後、単身マルタへ渡航。ライブカジノの大手プロバイダーEvolution Gamingでディーラーを経験し、カジノゲームや業界の一部裏側を知る。その後、エストニアを拠点にするカジノオペレーターにてアフリエイトマネージャーを担当し、アフィリエイトの世界に触れ、カジライフの運営担当へと就任。 まだまだ未熟な日本人向けオンラインカジノ業界の発展、正しい遊び方を発信している。